<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
猫の足跡

猫爺、一昨年当たりから齢が々だからと言って猫活動を少しづつ控え、昨年は大人猫の引き取りを減らし子猫専用に切り替えました。

結果今年はその宣言が行き届いたのか?今までのところ子猫の保護引き取り等の相談がありません。

 

昨年秋に保護のこの兄弟は、今も我が家にて里子養育修行中で残っています。

茶虎のヒデキ君は、二月ほど他家にて飼われ先住猫と相性合わず出戻り猫です。

人馴れは良し、猫に馴れ馴れし過ぎか?先住猫が原因不明の病多発して獣医師は新入り猫ストレス?かと診断され里帰りしました。

たまたま人なれ今一のヒロミ舎弟が居残って居たので、次回の譲渡会に兄弟2匹引き取り条件でエントリーします。

 

猫爺・愛猫の夏梅(ナツメ)ちゃんも右横腹にストレス禿が出来ました。

これも多分にヒロミ君の遊び誘いに疲れ果てた証なのか?今は部屋を隔離して安住してます。

 

ヒデキ君正式譲渡後ヒロミ君のお相手猫として河川敷で保護したスズメちゃんを前回の譲渡会で里親決まらなかったため引き取りました。

*スズメちゃん引き受け理由・前稿「お花見日和」参照、

16日の「ゆめネコ譲渡会」にエントリー公開中の姿です。

幸い譲渡確定しまして、今週末お届けに上がります。

 

ボラ仲間では、例年通り春の猫ラッシュで、猫爺さん抱えてる猫居ないならヘルプしてと懇願され、大きなお腹の妊娠猫を預かりました。

大人しく優しくて今回は初産らしい一歳程の綺麗な猫、仮名は卯月ちゃんに命名。

 

ゲージに入れて一時間経過の画像です。少し緊張気味でも穏やかな風貌。

この夜はこの状態のまま、飲まず食わずで一晩過ごしましたね。

 

 

 

4月8日は、臍の緒ついた5兄妹の誕生日です。

この画像は、昨年乳母猫ヨッコママさん授乳されて10日目の画像です。

 

臍の緒も仮親ヨッコママさんに舐め取って貰い、丸々丈夫に養育されました。

各里親家に、此の子たちのお誕生日おめでとうメール送信しましたがメールデリバリ不調で届かなかった事大変失礼しました。

 

一件メール通じて、着信したメール画像紹介します。

譲渡会エントリー仮名タバサちゃん、現在名、みいちゃんです。

先住猫ちゃんとも仲良しで、良い猫ちゃん授かり有難うとコメント頂きました。

 

みいちゃん5兄弟を育てた乳母猫のヨッコママさんです。

4月16日、ゆめネコ譲渡会に初めてヨコちゃんデビューした姿です。

多数の人目に曝され、ガチガチに固まってます。

 

猫の足跡 瓩△靴△函G爺の部屋に幼若中老猫が数多出入りしていました。若しもその猫達の足跡が全部そのまま残っていたとして、其処にピンを刺して見るとカラーピンヘットは、草間彌生さんのデザインみたいになるでしょうね。

 

猫の足跡◆瓩修せき。傘寿になった猫爺の現在までの猫活動を数値化して円グラフで見るとどんな分布になるか項目分けして考えましたが、分類作業が大変で大まかにしか出来ず、後輩を育てていないことが反省点でした。残念

 

 

 

 

 

 

 

| 快談爺 | 猫の話し | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
お花見日和

花冷えの4月、入園式・入学式と新入社員の入社式が行われます。

小さな胸にちょっぴりの不安とときめきを抱えての入園、大勢の同級生と出会い個性を磨く入学、夢と希望に胸膨らませる入社、誰しもが通り過ぎる大人への道筋は、桜咲く時期と相まって行われる儀式に感慨深い思い出が重なります。

 

4日、好天の穏やかなお花見日和で華やかに咲いた桜を見上げるそぞろ歩きで満喫しました。

前稿掲載した五分咲きの白い桜も満開になって青い空に映えます。

 

同じく前稿掲載の五分咲きのソメイヨシノです。

淡紅色(トキ色)の花房からほのかに匂う春の香り漂います。

東北の豪雪地帯で中学卒業した猫爺、関東地方の花だよりが届くころ未だ雪が舞う日も有りました。関東に遅れる事10日から2週間後、豪雪地帯に待望の桜が咲きます。

 

 

6日は、一転しての強風で、桜吹雪舞い散る桜のトンネル潜りました。

都心には稀有な桜並木の街路樹は茅場町明正通りです。

お昼時、付近のオフイスからリクルートスーツ着た若者たちで賑わいました。

 

狭い道路幅に両側から迫り出した枝で空を覆い、この時期は正に桜の隧道になります。

降り注ぐ花びらを背に受けて心地よき散歩です。道端の窪みに吹き溜まった花びら踏み分け春爛漫感じました。

 

 

 

4月2日、「ゆめネコ譲渡会」里親希望者と面談中の子猫。

穏やかで人馴れ仕上がり、譲渡先決定されました。

 

雄々しく厳つい眼力の蘭丸君、里親さん重複希望者出ましたね。

此の長毛の茶猫は、2月末に河川敷で保護した猫です。

 

 

 

この猫も同時に河川敷で保護した猫のスズメ君です。はにかみ屋なので真正面から画像撮ろうとカメラ向けると横向きに目を逸らされ舌出して避けられました。

今日の譲渡会で、里親さん決まりませんでした。猫爺が引き続き保護して良い里親さん探します。

 

連れ帰ったら、又新しい部屋なので少し戸惑い気味のスズメ君。

猫は見慣れた場所で、慣れ親しんだ匂いと仲間が居れば一番安心して過ごせます。

譲渡猫の場合、必ず他家に連れて行くため新しい住まいと見知らぬ人に早く慣れるため仲間から離したり預かり先変えたりして現況に早く合わせるためのトレーニングです。

 

未だ人馴れ今一のヒロミ君、スズメ君が来て同室になったがシカトしてます。

なんで俺様の部屋に変な奴が来たんだよ〜。良い奴なら許すけどな〜。

 

2日目、大丈夫でした。2匹で仲良く白い籠に籠って居ました。

猫の適応力を信じて少しづつ慣れ親しんでもらえれば、先住猫が居る家にも適応できますので。しかし互いに顔舐めする行為は未だの様です。

 

春爛漫と言えば、今真っ盛りのゴルフの祭典・アメリカのジョージア州オーガスタで行われている「マスターズトーナメント」のライブ中継で見られる映像の美しさです。

各ホールの周りに咲く花が多種多様に彩られグリーンの緑も綺麗に仕上がり、ゴルファーにとって夢の空間です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 快談爺 | 猫の話し | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
咲いた々桜が咲いた

今日は、暖かかった春日で桜も五分咲きに開いて来ました。

また明日から冷え込む予報なので、今年のお花見は長持ちしそうです。

日当りの良い場所に立つソメイヨシノ。

 

白い花びらで幼葉とともに咲く品種で、名前は分からない桜です。

花散って、サクランボウの実が付くとヒヨドリやムクドリが啄みに集まります。熟れた実が落ちる頃、歩道を紅い絨毯敷き詰めたように彩ます。

 

昨年3月22日5匹の子猫を産んだよっこママさんです。

この画像は、5匹の子猫お産して5日目、沢山お乳を飲んで丸まるしてます。

 

3月22日、満一歳の誕生日に、ヨッコママさんの子猫達5家の譲渡先から届いた画像です。

 

譲渡会では、この5兄妹目当ての希望者が殺到して応対に大忙しでした。

レオ君(仮名マーク)良い家族と楽しい毎日過ごす「ゆめネコ生活」満喫。

 

 

ミルク君(仮名マーチ)お久しぶりの里帰り画像です。

男の子なのに柔和な顔立ち素敵ですね。この兄妹は産れた時から色分け首輪着けてないと誰が誰だか判りませんでした。

 

麦ちゃん(仮名弥生)ママに似たしっかり者のようですね。

良い家族に恵まれ伸び伸び育って嬉しいです。

 

 

 

 


ミンティーちゃん(仮名美月)二人のお姉さんに可愛がられ良かったね。

何時も3姉妹仲良き画像頂き、羨ましい程可愛がられています。

 

つづみちゃんは、猫爺さんの猫が欲しいと三顧の礼を尽くして貰われた猫だったので印象深く思っています。

可愛いお嬢さんと仲良し兄妹で暮らしているので安心しています。

 

2月22日は、「にゃんこの日」です。その他の月の22日を猫爺は「子にゃんこの日」と勝手に決めています。

実際22日に何をするのか?。猫情報の再点検・猫の器具や用具と食料餌の点検等行います。

依頼案件なり、日々の生活で乱雑に置かれた器具・用具の整理する日と心がげています。

 

お預かりシェルターに居る、よっこママさんです。

一年経っても未だ人馴れには苦労してます。遅ればせながら4月2日のゆめネコ譲渡会にエントリーする予定です。

よっこママさんもゆめネコ生活出来るよう努力しましょうね。

 

26日のゆめネコ譲渡会にエントリーされたチビ猫姉妹です。

子猫不足の季節柄、大人気猫として大勢の希望者来場しました。

 

今の時期は此の猫頬度の6ケ月〜10ヶ月以上の猫の割合が多くなります。

此の子も、可愛い猫なので程なく譲渡決定されました。

 

昨年9月に譲渡した「ちくわ君」里帰り画像です。

未だ一歳にも満たないのに猫ベットからはみ出すサイズに育ってますね。

子猫の生育は、瞬く間に大きくなります。

 

桜の花が散り出し緑色の葉で覆われる頃、子猫の保護依頼が入る事でしょう。

 

 

 

 

| 快談爺 | 猫の話し | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春霞

ここ数日の寒気は厳しく、その分久しぶりに今朝の陽射しは暖かくなって嬉しかったです。

 

先週は、春霞去りし後青空に映える辛夷の花も散り始めていました。

寒暖の差から都心へ風が運ぶ大量の花粉で外仕事で涙目になり実に厄介。

 

 

先月末に保護した外猫達、検診と譲渡猫審査を通り3月5日「ゆめネコ譲渡会」にエントリーされました。

長毛の茶トラ猫、大勢の眼に晒され些かビビリ気味です。

 

このキジ虎と奥のキジ虎も同じ現場から保護した猫達です。

画像の猫達は、人馴れも合格点貰い、譲渡先決まって近々ゆめネコ生活に入ります。

 

サユリちゃんトライアル終えて、正式譲渡されて里帰り画像。

亀裂骨折も治って普通の生活できるように成りましたね。

 

サユリちゃんと仲良しだったゴン君も昨日正式譲渡され良かったね。

ゴン君は、用心深い猫なので、気長に抱っこ猫になるのを待ちます。

 

 

今猫爺の所で馴らし猫修行中、只今1匹残っているヒロミ君です。

ヒロミ君は3兄妹で、昨年暮れに人怖じしなかった黒白のアキナちゃんが真っ先に貰われ、今月当初、茶白のヒデキ君が貰われて行きました。ヒロミ君独りぼっちになって寂しくて夜鳴き猫になって可哀想。

身体を触らせては呉れますが、抱き上げ様としたり手を近づけると逃げるため、譲渡会顔見世はまだまだ先になります。

 

メール画像里帰り猫のアジ君。

一昨年秋の譲渡猫で、生後凡そ1年8ヶ月程。

 

 

画像アングルで、アジ君の背中模様は子猫をお負っているみたいに見えませんか?。

仮名おんぶ君でエントリーしたので忘れられない猫です。

 

ちゃちゃお君(上)ときなこちゃん(下)兄妹里帰り画像。

未だ顔との割合で耳が大きい子猫ですね。

 

 

きなこ(仮名幸夢)ちゃん、私って美猫でしょう?。

自慢のポーズでフォトジェニック(見栄え良い)。

 

ちゃちゃお(仮名楽夢)君、無用心丸出しのへそ天寝。

生後6ケ月程の子猫になり、雌雄で体重差が出て来たようです。

この兄妹猫を見た猫好きさん、涎が出るほど羨ましいかと思います。

 

ゆめネコ譲渡会にて、楽夢君と幸夢ちゃん重複申込され、決定外れになった方々には大変申し訳ありませんでした。

 

アメフトシーズン終え、今心満たされるアイテムは、WBCアメリカシリーズ・セミファイナルとチャンピオンシップ観戦です。

其の後に、子猫の保護要請かもしれません。HC猫爺

 

 

 

 

 

 

| 快談爺 | 猫の話し | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
モメンタム=勢い

モメンタムとはアメフトで良く使うワードです。弾みとか勢い風向きが変わるときなどに使われます。

第51回スーパーボウルではファルコンズが第4Q残り8分まで絶対的優位と観られていました。

猫爺もペイトリオッツの勝ちは無いかと諦め掛けた時相手の一寸したミスから風向きが変わり、もしかして?。録画を何度も繰り返し見て、ペイトリオッツに替わったモメンタムの恐ろしさを知りました。

最後の数秒で同点に追着き、オーバータイムですんなり勝つ流れは本当のスーパーゲームです。

 

今モメンタム持って居る人と言えば、小池都知事でしょうか。

政治家で一時は女性第一号の首相かと言われた田中真紀子元外相も今では見る影も薄くなりました。

小泉首相も凄かったです。潔い引き際が良かったのか荒波を被る事無く平穏無事は見事です。

歴史的に有名な関ヶ原の戦いも均衡崩す小早川勢の裏切りから、徳川本隊の到着も待たずたった一日で決着した事例もありました。

小池都知事が今の勢いで進むと何時しか自分たちのブラックボックスを立ち上げ又新たな政敵を作り、豊洲問題の処理でつまずく恐れもあります。モメンタムって恐ろしいですよ。

 

春の訪れは、確実に届いています。辛夷の花も咲きました。

枯れ芝野原に浮島の如く鮮やかな緑色で葉を広げる三つ葉も春の装いです。

 

青い芝芽が出たところに食虫でもいるのか?椋鳥の群れが地面を啄んでいました。

都心では近代建築の設計上雀が住みにくくなった半面、椋鳥は良く見掛けます。

 

この原っぱに多頭の猫が居て春から夏に掛けて増殖する危惧の依頼入り、猫の餌遣りさん達を探して話し合い、猫の多頭捕獲を決行しました。

必要機材を集め・作業協力者募り・好天の決行日各自の行程表に従い、作業は驚くほど順調に終えました。これってやはり集団行動モメンタムの現れでしょう。

25日土曜日と26日日曜日、2日間で10数頭の捕獲して去勢・不妊手術終え一夜猫爺のお風呂場にて養生させました。

日暮れ時に見かけた猫の95%以上の成果です。28日夕現地リリース完了。

夜中に集まる猫の数は未だ数等居るはずですが、地場の人から正確な猫情報が採れず今回はこれまでになりました。

 

里帰り画像です。奇しくも美猫3姉妹現況画像頂きまして掲載です。

薄グレーと白のグラディーションのカリンちゃんと三毛のマキちゃん姉妹。

 

明るい日射しの下なら、光り輝く白色と銀色がかったグレーが綺麗なカリンちゃん。

少し臆病なのか?控えめの美猫です。

 

先に3姉妹から分かれて独りになったサロンちゃん。

家族全員で可愛がられて独りでも寂しくないのよ。

 

満点猫のせいじろう君、一緒に寝てくれたり屈託なく自由に過ごして居ます。

海外勤務の旦那さんが帰宅する時の楽しみは、せいじろう君と遊ぶことだそうです。

 

アイラちゃんは自分は人と思っているほど人好きな子です。

猫爺が哺乳瓶で育て、カット綿を温湯で湿らし排便促し、夢中で養育した思い出は何時までも残るでしょう。

 

ゴン君は、幼少期にネズミ捕りシートを腰から両足に絡ませ、無理矢理剥がされたときの苦痛がトラウマになり人が近寄ると又何か痛い事されるかと過剰に用心する猫です。

只今トライアル中です。留守番は平気なので落ち着く段ボールハウスで寛いで居ます。

 

優しいカップルに見初められてトライアル中馴染んでいる画像頂き嬉しいですね。

人の傍で良く寝て居る事も有りました。膝に上がったり添い寝するまではもう少し時間かかるでしょう。

余り馴れない猫でもいいからと譲渡して、引き渡してから1年ほどで急激に馴れる猫が居ました。

どこかでモメンタムが起きたのでしょう。ゴン君もトラウマ抜けてべたべた猫に替わると良いですね。

 

 

 

| 快談爺 | アメフトとネコ達 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
PROFILE
ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINK
OTHERS