<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
女傑=womanpower

この夏、連日の猛暑に加え、西日本方面の豪雨による被害の回復も儘ならず困窮する住民と、捗らない救援作業に熱中症で倒れる人も出て困難を極めている様相が伝えられます。

猫爺も、連日捕獲や保護猫の作業に追いまくられ時間刻みの活動を強いられました。その反動か?、発熱してダウン、2日間の休養を余儀なくされました。

 

郷帰り画像紹介。しん君サイズアップ示すメジャー添え画像。

頚の辺りからお尻までほぼ30僉∋卩の成長は早いですね。

 

黒猫のムー君も同じサイズで成長してます。牡の兄弟なので当然かな?。

黒猫が欲しいと言って、ゆめネコ譲渡会会場でしん君と一緒に貰われました。此の子等を迎えて家の雰囲気が一変したと喜ばれました。

 

キジ虎のしずくちゃんと黒猫のそらちゃん、2匹姉妹で貰われました。

上気のしん君ムー君とは、違う兄妹グループで誕生日は同じ頃の姉妹です。猫爺の養育部屋では、皆仲良しでご飯も遊びも共に楽しみ素直な良い子でした。

 

しん君ムー君と同じ兄妹猫の茶虎のレミ君です。

人大好きで、愛される喜びを素直に表現する素敵な子です。

 

保護猫編、6月22日午後、生後2週間程のキジ虎の幼猫緊急保護しました。

2日前、広い屋外の資材置き場で、親猫が見えなくなって2匹の幼猫が居るので保護して貰えないか相談有って、一晩親猫が戻って来るか様子見て下さいと返事して、2日後その後親猫戻りましたか?と尋ねると親猫は戻らず2匹の内1匹が弱ってきたので社内の人が動物病院へ連れて行ったと聞かされ、急ぎ残った一匹を引き取りに行って、猫ミルクをシリンジで与えると15cc程美味しそうに飲んで、お腹を擦ると膨らんで、かなり健常で安心しました。連れ帰ってから、未だ離乳前だったのでシリンジでミルクを飲ませ、レトルト餌を小さいスプーンで口を広げて上顎に擦り込む様に食べさせましたが思う様に食べて呉れません。同室に子育て終えた木蘭ママが居て、その乳房に縋りついて育って行きました。

 

保護から2週間後ほぼ生後一月位になって体重も500陳兇┐銅力で食餌するようになりました。

母乳育ちの毎日体重計で計測するも日に数グラムの成長で、500弔泙任瞭擦里蠅歪垢感じました。自力食事もドライ餌を食べられる様になる3日間程体重が停滞して、離乳食完了した今の体重が560弔判臘瓦棒長しております。

 

白系の仔猫3姉妹、猫仲間から捕獲した後の保育と譲渡依頼され保護しました。

又猫爺のパソコン部屋に可愛い新入生入居。蚤取り・爪切り・雑菌落としのシャンプーの洗礼式終えた3姉妹です。

 

検診終えて、同居可能と判明して部屋の中フリーにしました。

先住の仔猫と離乳終えた幼猫とも遊んだり、交際範囲が広がって良い感じです。

 

ご飯時も並んで食べて、微笑ましい情景です。

白系3姉妹は、7月22日ゆめネコ譲渡会にエントリーしました。

 

16日ゆめネコ譲渡会に、居る筈の無い河辺に子猫1匹数日前から見かけるので保護依頼入って、発熱休養後の初仕事は、猫仕事仲間の女性連にサポートされての作業です。

江東ねこの会メンバーで無事保護して、洗礼式終えた画像です。

 

保護から2日経って、全体検診終え、安全確認後パソコン部屋フリーに。

始めはビビってこの籠に入って外の様子を探って居ました。今日は皆と仲間になって遊び始めました。善し善し

 

333(ささみ)ちゃん、オッドアイなのに涙目で綺麗な画像撮れず残念です。

生後2か月程で、人馴れも順調。譲渡会開催日まで綺麗なお眼眼に治そうね。

 

444(よしみ)ちゃん、人怖じせず良く食べてよく遊び元気娘で最高。

猫にも人にも、全く屈託のない良い性格は、当たり猫でしょう。

 

777(ななみ)ちゃん、444ちゃんとは真逆で超ビビり猫。

画像撮影も、耳こそ伸ばして居ますが眼は集中して警戒して居ます。

 

長年猫の捕獲や保護活動に携わって居ると、自然猫仲間の知り合いが出来ます。

早朝から深夜まで猫にご飯上げたり、その周辺の猫事情熟知して、緊急の対策にも応え、又遠方の猫の保護依頼有れば、出掛けて行って夜通し掛けて保護したり猫仕事万能力持った人に驚かされます。サポートしたりサポートされたりの作業中の会話で、その経験が生かされ作業完結することが多々ありました。

猫爺をサポートしてくれる人は殆ど女性です。その経験値と行動力には圧倒されます。猫仕事は女性力で持っているんです。

その様な女傑と言われる人を片手に余る程知りました。スーパーウーマンパワーの底力は猫愛かも知れません。猫爺感嘆。

 

 

 

 

| 快談爺 | 猫の話し | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
束の間の息抜き

6月後半から7月月初めの忙しさ、それは戦場で十字砲火を浴びせられて居たような感覚でした。

やれやれ一段落かと思う最中に、次に依頼されてた多頭数捕獲準備始めて、サポートしてくれる人に召集掛けて日時決定。現在進行中です。

 

そんなこんなでウロウロしてる間に、里帰りした画像も滞って居ます。

りん(李)ちゃんとごん(柘榴)君、仲良し里帰り画像届きました。

 

りんちゃんごんくん兄妹猫のドルチェ(辛夷)君も先住猫さんと楽しい日々を過ごす画像頂きました。

兄弟中一番活発で運動量有ったドルチェ君には良い環境です。

 

白猫のドルチェ君、花柄模様に敷物の上で浮き立って見えます。

白い猫はインスタ映えして("・∀・)イイ!!ですね。

 

穏やかで静かな猫のみみちゃん、一寸気を曳く憂い顔?。

外から撮影しないで早く家に戻ってよ〜、何か訴えてるのかな?。

 

人に甘えているポーズです。遊んでくれないかな?声掛けしての反応かな?。

猫は素直に気持ちを表情に出します。飼い主と飼猫は、表情と啼き声で意思の疎通を図ることができますね。

 

ハチ(青葉)君の里帰り画像沢山頂きました。

仔猫の可愛い表情ですね。子猫は何をしても兎に角可愛いものです。

 

飼い主の気持ちも可愛すぎて堪らない心情溢れる作画像です。

独りぼっちで貰われても家族ぐるみで愛してくれるので寂しくは無いでしょう。

 

子供たちにもハチ君は、最高のアイドル猫です。

子供たちは子猫の成長を通じて、生き物に対する感情を育む良い教材になるでしょう。

 

 

そら(木蔭)ちゃんとしずく(梢)ちゃん、楽しい画像で里帰りしました。

のびのびできる自由な空間貰って兄弟仲良く楽しく過ごしています。

 

しずくちゃんとそらちゃん、健康的で順調に育って居ます。

兄妹はお休みする時も抱き合って安らぎます。

 

しずくちゃん、キジ虎の綺麗な縞模様は素敵です。

兄弟姉妹の識別用ゴム紐の首輪、そろそろ外していただこうかね。

 

爽太君お届け時から、正式譲渡日までの情景画像です。

爽太君独り譲渡だったため、初めての里親家では独りぼっちで寂しかったでしょう。此のトンネルに入ったまま過ごしたそうです。

 

2日目画像、お部屋に出て独り遊び覚え中です。

ゲージから出てお部屋の中探索して玩具を見つけ遊び始めました。

 

3日目から、人の傍で一緒に居ることが好きになりました。

どんな場所でも安心して眠れるようになって家族猫化完成です。

 

カメラを向けるとカメラ目線ではいポーズ。仔猫の順応力は凄いですね。

この前に既に、正式名レミ君に決めましたとメール頂いてました。

 

辛夷君5兄妹(辛夷・柘榴・李・杏子・牡丹)と木蔭と梢5兄妹(木蔭・梢・青葉・若葉・木の葉)に爽太君5兄妹(爽太・睦己・辰星・涼姫・遥香)合計15頭の仔猫達皆トライアル期間一週間だけでほぼ決定しました。

此の15匹の子等は皆、絶対的信頼性有る子等だった為、猫爺自信もって里親家にはご理解いただけました。

メール連絡では、2〜3日目に仮名から正式名決めた方もおられました。正式譲渡決定後にはたくさんの家猫化した画像と共に感謝のお言葉も頂き、猫爺感涙に咽ぶ思いを心に抱いて、次の子猫保護活動に突入しております。

猫爺の里親さん皆さま良家で譲った猫に優しく、深く愛して頂き感謝の気持ち込めて有難うございます。

 

 

| 快談爺 | 猫の話し | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
早すぎた梅雨明け

6月末の猛暑続きは、外仕事多忙時に体力の消耗がかなり堪えました。

記録的に早い梅雨明けは、作業予定に緊急事態が重なり時間と作業の遣り繰りで大変な思いで何とか切り抜けたかな?。

 

里帰り画像も滞り、埃を被った状態のまま放置してました。

 

窓際で日向ぼっこしてる茶虎のQoo君、遅い掲載でごめんね。

埃被りになった、この画像頂いた日は6月2日でした。

 

しゃけ君の幸せ画像沢山頂いてもこれ一枚でごめんなさい。

ピンクの肉球鮮やかで白い脚も清潔感有って大事にされてますね。

 

何時も穏やかで静かな猫のマイロ君、本棚は吾輩の休場だ。

長い見事な尻尾垂れ下げて、寛ぎタイムしてます。

 

今日も暑いな〜寝るより楽はなかりけりだよ。

完全家族猫化して無防備・無警戒・無作法三昧、人(猫)生楽はこれ一番。

 

5匹兄妹3組の一番早生まれで前号でお届け終えた柘榴君と李ちゃん。

黒白の柘榴君はごん君で李ちゃんはりんちゃんに名前変わりましたよ。

 

上記と同じ兄妹の杏子ちゃんもふくちゃんで里帰りです。

木蘭ママの子等は、皆良い子たちで可愛いです。

 

兄妹や同じ部屋の仲間猫と別れ独りぼっちでも優しい家族に囲まれゆめネコ生活してます。

何か良い夢見てるのかな?、万歳姿勢で楽しい物語紡いでいるのかな?

 

お茶目で健康優良児の辛夷君、遊び疲れてお昼寝中。

うんと暴れて沢山食べてぐっすり眠ってお相撲さんみたいに大きくなろうね。

 

人や猫誰彼なく、積極的にお相手する素晴らしい才覚の持ちねこです。

先住猫さんとも仲良くなって、辛夷君からドルチェ君に改名。

 

手掴みで捕らえたこの兄妹を2匹セットでお受けした時チョイスされました。

幼子猫は、出来る限り兄妹2匹組み合わせでの譲渡が一番良い結果がでます。

 

可愛い姉妹に愛されて、人と猫が自然に家族化して行きます。

この画像も次に頂くときは、もっと大きく育って違う猫かと感じるでしょう。

 

6月10日のゆめネコ譲渡会に5匹兄妹2組の10匹エントリーして9匹決定されました。

兄妹2匹組から少し早めにお届けに上がりました。兄妹一緒だと警戒心薄れ家には早く馴れます。

 

兄妹は身体寄せ合って安心安全と力抜いて自然に人馴れ始めます。

猫族は多頭居た時は、仲間と寄り添って寝ることが摂理に叶っているようです。

 

基礎体力備えるための激しい遊びも、ハラハラしながら見て楽しい物です。

遊びに夢中でも一言声をかけると、パタッと手を止めて声のした方に向いて何かしら顔。

 

仔猫の遊びは本当に見て居て楽しく日毎に力強くなっていく様を観察できます。

10日のゆめネコ譲渡会で9匹決定し、24日のゆめネコ譲渡会で4匹決定して内覧で2匹決定したので3組の5兄妹皆譲渡先きまりました。譲渡先の皆さま、ご協力有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 快談爺 | 猫の話し | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
バックヤード=表舞台と舞台裏

バックヤードを直訳すると裏庭ですが、普段遣われるバックヤードは、物置き倉庫〜裏方仕事場などを指す場合が多く使われているようです。

猫仕事でのフロント部は、表に立つて譲渡会で接客したり、捕獲現場で地域交歓する人達でしょう。

バックヤードとは、それぞれの得意分野を担当して外猫の世話したり情報集めたり伝えたり又何かと支援怠らない方々がバックヤード裏方さんと思います。

もちろん私たちの仕事に共感して支援して頂くサポーターさんもヤード仲間です。

 

猫爺の恋猫だったナナちゃんの遺影を飾る一本挿しの花活けは、

前回猫のご飯と一緒に頂いたデコポンジュースの空き瓶です。

捨てるには惜しい素敵な瓶だったので花活けに使って見ました。

 

5月27日ゆめネコ譲渡会にて、確定した飼い主さんへ第一陣のお届けに上がりました。

8週齢より少し早いお届けは、既に猫の受け入れ準備はすべて揃い兄妹2匹飼いでしたので好結果でした。

 

お届けした子猫達も生まれて此の方、人と共に育ったため人見知り皆無で人大好きなベタ猫です。

キャリーバックから出して、手渡したお嬢様の胸に抱かれてマッタリ状態。

 

翌日届いた報告メールにも、不自由無く仲良く遊ぶ姿とノーストレスで、家と人に馴染んで居ます。

此の姿見る限り新天地はベストホームでしょう。

 

遊び疲れて抱き合ってのお休みタイムも、見る人が癒される姿です。

兄妹で鼻先の三角点の黒いのは、木蘭ママからの遺伝でしょうね。

 

お届から戻った時、玄関先に置いてあった箱を開けたら,ゆめちゃん家つぴちゃさんよりお手紙付きで、猫爺今子猫沢山抱えて居ること知って子猫のご飯送られてきました。

嬉しい限りで、又猫爺の苦境知ってのレスキューでしょう?。私をサポートして頂いた方もバックヤードを支えてくれる人達です。

 

4月15日のゆめネコ譲渡会にて、子猫のグレムリンちゃんと一緒に初めてエントリーした時、貰われた三毛猫のもみじちゃん正式譲渡され、譲渡先から穏やかな姿で里帰りしましたと感謝のメール頂きました。

グレムリンちゃんともみじちゃんの保護主は、譲渡会場でお会いするまで知らない方でした、私のバックヤードの伝でつながった方です。

 

木蘭ママの子2匹お届け後、夕方から此の親猫の連れ子4匹保護作業に向かいました。

前日夜は猫の姿無く10時半まで粘って空振りでした。親猫が見張って子猫等に注意促して居ます。

 

 

今夜は姿見て慎重な捕獲作業行いまして、無事時間は掛かったけど成果は上々でした。

近隣住民の方々から仔猫が4匹居て皆可愛いです。何とか捕まえて幸せにしてあげてくださいと励まされながらの捕獲作業です。

連れ帰って夜中に掛けての身嗜み作業済ませます、捕獲後に蚤取りスプレー掛けての帰宅もお風呂場にて梳き櫛で梳くと未だ少し蠢く数匹の蚤居て、このままの姿で一晩過ごしました。

 

動物病院にて諸検査後連れ帰ってゲージに入れると生後3か月ほどの4匹なので少し窮屈そう。

ハンモック吊って分散すれば広いかな?と思いましたが窮屈が快適なのか?兄妹身体寄せ合ってる方が安心なのか?。とにかく落ち着いて来ました。連れ帰った時は咬みつかんばかりのシャー威嚇でした。今はお義理の口開けシャーで威嚇感無しです。

早く野良気抜いて譲渡会デビューしますね。

 

危ない玩具持って人の意見など聞かないお二人がシンガポールで顔合わせ、何がどうなるのか良い方向に迎えが嬉しいけど又騒々しくなる展開は止めてほしい好結果待ちましょう。

 

 

 

 

| 快談爺 | 猫の話し | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
忙殺

先月から仔猫の保護願い有って、梅雨入り前に保護予定でしたが目の前の仔猫の世話で手一杯。梅雨の晴れ間に取り掛かろうかと思っています。依頼主は、早く保護して安心したいと願う気持ちは判ってるので、仕事残しは心残りで辛い気分は梅雨の空。

 

5月27日のゆめネコ譲渡会で,ペアで決定された柘榴君と李ちゃん。

生後2か月未満の仔猫を規制期限の8週齢のお届けでは独りで貰われるよりペアで貰われた方が子猫の生育に理にかなった方法でしょう。

 

猫を保護した際の検便は、必須項目で必ず行います。

ウンチ容器で持ち運び動物病院にて検査致します。

 

血液検査も同時に行います。グリーンの玉一つ現れると(−)判定です。

グリーンの球が多く出るとアウトでFIVかFeLV(+)の判定です。

 

5月25日夕刻、又々倉庫の中に親猫と子猫が居ると保護依頼着信。

下見に行って倉庫の外で蹲っていた子猫2匹手掴みでの保護から3日目、離乳食卒業して兄弟で仲良く鍋猫。

 

28日夜、仕掛け置いたトラップに29日朝、捕らえられた親のサビ猫。

30日夕刻、不妊手術入院オペ済んで覚醒した親猫さん養生後、リリース直前。

 

親猫の留守中、工場内に仕掛け置いたトラップに掛かった残りの3兄妹。

シャンプー後の乾燥中、未だ何が何だか事態の急転に驚く幼猫兄妹。

 

乾燥後、ワクチン他の検診終え、前に保護された兄弟と合流。

兄妹全員揃って安心したのか、楽しく鍋猫で寛いでます。3日分野良してた3兄妹は、捕らえた時シャーと口々に威嚇行動しました。生後3週齢ほどなのに全員同時に離乳食完了で養育作業は楽になりました。

 

 

先に保護したキジ虎・黒猫5兄妹と、ほぼ同サイズの仔猫で、全員離乳食完了の為合同ディナー始まり。

お皿を置くと我先に食らい付くので、少し乱れたサークルフォーメーションですね。

 

1日置いてのディナーで、まあまあ揃ったサークルフォーメーションに。

ご飯前はワアワアギャアギャア賑やかな騒ぎで、配膳終えると一斉に夢中で食餌します。

 

6月10日のゆめネコ譲渡会にエントリー用の画像撮影開始。

個々に撮った画像は、俯瞰で観た画像に比べ未だ幼い体形の辰星(しんせい)君。

 

順番で仮名を付けて画像撮影会。黒猫の睦巳(むつみ)君です。

黒猫の画像撮影は、顔の表情を鮮やかに撮る作業は難しくて大変です。

 

茶虎の爽太(そうた)君、柄に無く緊張してます〜もっと柔らかくお願い。

猫の表情撮影は大変難しく、シャッタースピードの速い機材が必要。

 

一寸気弱で控えめな三毛の涼姫(すずめ)ちゃん、緊張しまくり。

撮影会終えると直ぐ、此のエントリー画像を送信終えました。後は当日の結果待ち。

 

メタリ家より猫のご飯とお八つ、猫爺に美味しいデザートの贈り物頂きました。

可愛いメッセージカード付けて嬉しい励ましのお言葉も。元気出るね〜。

 

メタリ嬢だったはず、牝で譲渡したのに牡だったとは??迂闊だね〜。

優しい飼い主さんは、牝でも牡でもメタリはメタリで可愛いと言って下さり。

 

先住猫さんとも大の仲良しで楽しい毎日過ごしてますね。

お風呂場は猫ちゃん大好きな寛ぎの場所です。

 

里帰り画像頂いて嬉しい事は、貰われて行った家との順応です。

猫は人より先ず、家の中の生活空間を熟知してから安らぎの郷にするのです。先住猫ちゃんと楽しく過ごせる日々はゆめネコ生活そのものですね。

 

今まで猫爺扱った猫の中、萌花ちゃんは一番の臆病猫でした。

優しい飼い主さんに見初められ、ようやく気を許せる家族に巡り合いました。嬉しい事ですね。

譲渡会で、わずかな面談時間に里親さんと貰われる猫達の将来を100由凌持って委ねる事は有りません。

どんな方でもお届け後、家に合うか?人に馴染むか?報告頂くまで心配です。時間をかけ、少しづつ互いに馴染んで家族猫に馴らされた知らせ頂くと、涙が出る程嬉しくなって、今までの苦労も消し飛ぶ気持ちになります。

 

 

| 快談爺 | 猫の話し | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
PROFILE
ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINK
OTHERS