<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
にゃんこの日=猫の嫁入り支度

2月22日は「にゃんこの日」、何時誰がどうして決めたのか?知らずとも、何を祝えば良いのか?猫の作業に長年携わって居ても答えが出ず困りました。

 

今日の新聞を隅から隅まで読んで見ると、平昌五輪で女子スピードスケート団体追い抜き戦で金メタルと女子カーリングでは4強に選ばれメダル獲得に希望を持たせてくれた事。悲しみは、名バイブレーヤー俳優の大杉蓮氏の急性心不全での悲報。新聞の隅っこに猫の日の疑問を解く記事が有りました。「ニャン・ニャン・ニャン」の語呂合わせから猫の日。愛猫家の学者や文化人による「猫の日実行委員会」とペットフード協会が1987年に制定したものでした。

 

今日現在、我が家の猫は10歳以上の老猫2匹と譲渡に出せない家野良猫の3匹に週末お届けするドラ美ちゃんの4匹なので着飾るドレスも無くせいぜい可愛い首輪を着けるだけ、これは猫には苦痛の種だし、矢張り何か特別好きな食べ物を上げようと思っても今日は朝から霙雨で今も氷雨が降りしきり気温が低くて皆ヒーターや炬燵の中から出て来ず寂しい限りのにゃんこの日です。

15歳になったミミちゃん今日は炬燵に入って過ごします。

 

ドラ美ちゃん、ヒーター敷いた幸運の白い籠の中で過ごすのが一番だね

白い籠は、我が家に引き取ったその日からドラ美ちゃん専用の寝床です。

 

18日土曜日、お届け前に日向ぼっこするしずくちゃん。

陽が陰った時に連れ出して、バスと電車に乗ってお届けに上がりました。

 

しずくちゃんのお部屋に入ってビックリ、目の前にお城の様な猫タワー。

猫の婿入り嫁入り道具は、基本的に必要最低限の物をお願いしてます。

1匹飼いで、これほど大仕掛けなものはそれだけ猫を慈しむ気持ちでしょう。

 

真ん中最上段のコアに入ったしずくちゃん。居心地は未だ緊張で実感湧かない様子。

今まで敷いて居た自分の臭いが浸み込んだ白いタオルで少し安らげるかな?。

 

お届けの帰路、京王線で初めて見た車両の二人掛け座席。

猫のお届け時以外あまり電車に乗らなくなったので、初めて見ました。

 

 

翌日、初メールで届いたしずくちゃん里帰り画像。

少し落ち着いてきてますね。ご飯も食べてウンチも出来ましたとコメント頂きました。新しい飼い主と生活習慣に馴れて呉れればゆめネコさんです。

 

 

 

先月正式譲渡されたちくわちゃん、この様な豪華な猫タワー貰って毎日が楽しそうです。

猫の場合の嫁入り道具は、飼い主さんが決めるので、お届け時に猫の部屋に入ってビックリ涙が出るほど嬉しくなります。然しその分飼い主さんにお気に召されるよう良い猫に仕上げないと申し訳なく思います。

 

ちくわちゃん(仮名ピンキー)少し幸せ太りしてきたね。

日向ぼっこも出来て、優しい飼い主さんに愛され本当のゆめネコさんです。

 

 

来週から譲渡する猫が猫爺の部屋から居なくなりまして、暖かくなる春まで暫くの間ゆっくりさせて頂きます。

想い出の猫、奇縁猫話、などのシリーズ話を載せて見ようかと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 快談爺 | 猫の話し | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
春の兆し

2月初旬は凍てつく寒い日が続き、中旬ころから暖かい日も訪れ梅の蕾も膨らんで春の兆しが見えてきました。

 

 

15日、気温が15度に上昇して蕾が一斉に開きました。

 

樹の下に立つと微かに梅の香漂い気持ちはすでに春ですね。

 

例年は子猫(一年未満の猫)が絶えず居たものでした、昨年はおよそ数十時間2日足らず子猫居らずの空白期間ありました。今年は先月お届けしたちくわ(ピンキー)ちゃんで全く居なくなり、子猫が居ないと余暇が出て数年ぶりに読書しました。

暇つぶしに1000ピースのジクソーパズルか漢字ナンクロでもやろうかと本屋に立ち寄って、面白そうな軍師の本見つけて買って帰るとわずか3日で読み切り次に読む本購入。

 

 

榎本武揚伝上中下3冊買って読み初めてます。

現在、大人猫が2匹居ても、朝一度トイレ掃除して部屋の掃き掃除済ませ、ご飯出すと勝手に食べてくれるので後は読書か平昌五輪観戦して一日を過ごします。

 

この週末に、お届けに上がるしずくちゃん添い寝するほど馴れているので手間いらずです。

家で飼ってる猫とほとんど同じ、昼間は寝てばかり時々撫でたり抱いたりしてれば満足してます。

 

ドラ美ちゃん1月28日の譲渡会で多くの方に抱っこされた回数と抱かれていた時間は譲渡会中一番でした。

2月11日の譲渡会でも同じ状態で、飼い主さん決まって次週末お届け予定です。その後、猫爺の矯正部屋から大人猫まで出払いしばらくは自由時間が出来ました。

 

不妊手術終えボディスーツ着て窮屈そうな、かりんちゃん励ますふうた君。

 

傷口も治ってボディースーツ脱いだかりんちゃんと仲良しふうた君兄妹。

ふうた君も去勢手術受け、タマタマ無くなったよ〜分かるかな?。

 

かりんちゃんふうた君家より手術完了証明書にお手紙と猫のご飯入った荷物頂きました。

仔猫が入居する前にご飯の準備は完了。有難うございました。

 

後肢の筋力弱くてよろよろ歩きだったダイゴ君今では正常な猫の様。

ゆめネコ譲渡会ではハンディ猫と提示してエントリーしました。ハンディ猫には片足片手欠損・片目欠損もしくは白濁、エイズ陽性、など、様々な障害持った猫ちゃんがエントリーされます。選ばれる上でかなり苦労します。やはりハンディ猫はハンディになっている分引き合いが少なく長期間抱え込むようになります。然しそのような猫を飼うという特殊な飼い主も儘に訪れます。ダイゴ君の飼い主は譲渡会場を一回りしてダイゴ君をハンディ猫と知りながら飼って頂いた人です。昨年中猫爺が譲渡した猫と飼い主のベターマッチングではナンバーワンと思います。ダイゴ君は良い飼い主に恵まれゆめネコ生活贈られたラッキーキャットです。

 

今年初めて保護した子猫のちくわちゃん里帰り画像。

お届け時は、隠れ猫で夜遊び猫の為夜になって姿見せる様でした。

 

昼間はちくわちゃん安全な寝床で寛いでます。

独り暮らしも馴れて飼い主にも愛嬌ふりまく可愛い子です。

 

夜型から昼間も人前で遊べるように進歩しました。

まだまだ幼顔でまじかわです。お届けから一回り大きくなって可愛いとコメント頂きました。

 

マイロ君の里帰り画像。今では家族と一緒のお布団で寝る相です。

マイロ君(歩)、しずくちゃん、ドラ美ちゃん、ダイゴ君(ダイゴ)、ちくわちゃん(ピンキー)、( )内は譲渡前の仮名です。

此の猫ちゃん達は、皆餌場付近に捨てられて保護した猫です。

毎年4月頃から6月頃までと9月頃から年末年始頃まで餌遣り場所に飼い馴らされた子猫や大人猫・ハンディ猫が置き去りにされ現れます。

猫を捨てる事は犯罪です。動愛法第44条愛護動物を遺棄した者は、50万円以下の罰金に処す。

 

アメフトコーナー  

今回はアメフト反芻会画像の関係で取りやめになりました。

 

 

 

 

 

 

| 快談爺 | アメフトとネコ達 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
スーパーボウルはスーパーゲームだった

2月6日月曜日の朝は、何時もの様に8時〜9時頃だらだら起床する事もなく7時前に起床して猫の世話全部終えてからTVの前に陣取りスーパーボウル放映開始から終わりまで完全観戦しました。その模様は、下段のアメフトコーナー観戦記観てね‥

 

今年の2月は、猫爺のパソコン部屋から子猫の姿が消えました。例年新生児が現れるシーズンまで数匹の譲渡待つ仔猫を抱えていました。

 

先月中にトライアル終えて正式譲渡猫になったちくわちゃん。

仮名のピンキーちゃんから正式名ちくわちゃんに変わりました。

 

里帰り画像のしゃけ君、仮名はキラ太君でした。

家族に寄り添ってまったりタイムしてます。

 

お留守番は週に5日は8時間ほど有ったので生活ベースに馴れたのか?少し心配でした。

全然心配無用!!しゃけ君は完全に適応してます。

 

しゃけ君と兄弟猫吾朗君の去勢手術完了証明書とお手紙。

猫ちゃんのご飯も一緒に頂きました。吾朗家様、感謝いたします。

 

1月28日のゆめネコ譲渡会で譲渡先決定したしずくちゃんです。

近く新居に引っ越しされてからのお届けなので待機中です。

 

今日は、しずくちゃんガラス越しの日向ぼっこしました。

今迄明るかったのに急に暗くなったのどうして?訊ねるよう猫爺に顔向けました。お日様を隠してしまうハイタワーマンションが有るからですよ。

 

しずくちゃんと一緒に出場した、ゆめネコ譲渡会で抱っこされた人数と時間はダントツだったドラ美ちゃん。

巨体で強面のドラ美ちゃん、抱っこした方々皆暴れず怖くなく手触りも滑らかで抱き心地良い猫と好評でした。

次回の譲渡会で決めようね。

 

昨年4月に大きなお腹抱えて我が家に来た卯月ママさん。

4匹の子産んで、子猫たちは全員貰われて行ったのに、居残り猫で猫爺の家に安住してます。

適応力に乏しく、順応することに抵抗する超保守的猫です。譲渡会に参加すると必ず欲し人が現れます。然し抱っこは嫌いで出来ません、それでもよろしければと正直に伝えると、申込書にサインは有りません。

それでもいつか卯月ママさんが幸せになる飼い主さんが現れるでしょう。

 

 

アメフトコーナー

 

スーパーボウル特集

 

第52回NFL極寒のミネソタ・バイキングのホーム、外気温−20度のUSバンクスタジアムのスーパーボウル・エンブレム画像。

NFCフィラデルフィア・イーグルス対AFCニューインブランド・ペイトリオッツ。スーパースター集団を対峙させた52回エンブレム、この画像を見ただけでドキドキします。

 

現役最古参40歳の名QBトム・ブレディのパスオフェンス、今日はホームゲームなのにアウエー用の白いユニフォームを着用しました。なんでも白いユニフォームでスーパーボウル4勝で、ホーム用の紺のユニフォームでは2敗しているので縁起のいい白を選択したとか。

62番はオフェンスガードでQB12を守るため突進してきた相手を止めに、第1Qで得点したのは初めてで、常に前半2Qまでは負けてます。後半から実力を発揮して最終Q残り数分で勝負決める事がペイトリオッツ流ゲームプランでほぼ4点差内で勝利してきました。

(前年の51回は、延長戦に持ち込んだために6点差です)

 

NFCフィラデルフィア・イーグルスのQB9番ニック・フォールズ選手。

正QBのカーソン・ウエンツ選手がレギュラーシーズン14戦目に十字靭帯損傷により欠場、変わって控えQBニック・フォールズ選手が引き継ぎ、プレーオフゲームを3勝して初めてスーパーボウル出場。

 

ゲームは、絶えず有利な試合運びしたイーグルスだったが、第3Qに逆転され勝利はペイトリオッツペースかと思われたが。

残り時間僅かになって、決勝点になっタッチダウン画像。

 

イーグルス念願の初スーパーボウルチャンピオントロフィー掲げるQBニック・フォールズ。併せてMVPも獲得人生最良の日に。オメデトウ

此のQB始めイーグルスにドラフトされ入団も、セントルイス・ラムズに3年控えで暮らし、カンサスシティー・チーフスでもアレックス・スミスの控えで過ごし、今季古巣へ里帰りしたものの、来期必ずしも正QB就任することは難しく、今後の去就が注目されてます。

アメフト2017シーズンは終了しました。次回は猫爺のアメフト反芻会として17シーズン噛み噛みした思いを吐き出させてください。

 

 

 

 

 

| 快談爺 | アメフトとネコ達 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
残り雪=ナナちゃん2回忌

22日月曜日、お昼前から雪がちらつき出して、午後には本降りの雪景色、夜明けには一面白銀の世界に変貌しました。

 

23日火曜日、快晴の青空も気温が低く日当たりの場所は融雪されたが日陰は連日−3℃の気温で日常生活に大きなダメージを与えています。

ビルに陽射しを遮られた並木の根元に、歩道確保で除けられて固く凍り付いた残り雪がありました。

 

 

昨年・一昨年は、この時期未だ子猫を多頭数抱えて奮闘中で,子猫に感けて次女猫ナナちゃんの体調管理を怠り慌てての入院騒ぎでした。

動物病院での診断では既に肺に溜まった水の中に膿がると聞かされ、それほど重篤なナナちゃんの体調を、今まで見過ごしていたことを悔やんでも悔やみきれない愚かさだったと知って、打ちのめされた恥ずかしい記憶が甦ります。

 

入院の夜、動物病院から電話が入って受話器を取る前に電話番号を見て話の内容が伝わりました。

今夜手当の甲斐無くナナちゃんの生活反応途絶えた事、虚ろな気持ちで聴きました。直ぐ引き取りに行って通夜、翌日懇ろに弔いました。

 

 

体調崩す前の元気な姿のナナちゃんを今デスクトップに貼っております。

ナナ子姫は、猫爺初めて恋した猫でした。愛する猫は数多居ても恋した猫はナナちゃんだけです。

 

 

我が家の長女猫のミミちゃんは、家人には正常に接していますが、ひとたび他の人の足音か話し声を聞きつけた瞬間雲隠れてしまう幻の猫です。

逃げ込む場所は、押し入れの上にある長押の中がミミちゃんワールドです。

 

 

3女のナツメさんもこの当時は、すこぶる付きに元気娘だったね。

今は入れ替わりに来る保護猫達との交流に疲れ果て、ストレス禿で参ってます。

 

 

 

今年初めの譲渡猫ピンキーちゃん、お届け先で大人しく抱かれた画像です。

仔猫の割りにかなりのシャイ猫なので、隅っこに隠れてしまい夜遊び型の典型的な猫です。

 

トライアル中の報告画像でも夜型だそうで、外が暗くなると部屋に出て来るようです。

部屋慣れは出来ました。人馴れするまでシャイタイプ猫の取り扱い方は、人が触れれば触れるほど順調に伸びて行きます。

 

遊具は十分過ぎるほどありますね、ハッピー猫です。

トライアル終了でピンキーちゃんから「ちくわちゃん」に改名です。

 

ダイゴ君は茶虎の先住猫さんと、お食事中のお兄さんの膝でまったりタイムしてます。

この図式は、長閑で癒される猫ちゃんタイムです。

 

永久保存版、と言いたいほど成長期の一瞬を切り取った画像です。

見た目は馴れ猫の様です。動物病院へ連れて行くとき逃げ回られて予約キャンセルしたほどの運動量に育ちました。

 

兄妹猫の仲良しツインタワー、色違いの飾り物みたいで可愛いです。

兄妹同士の譲渡猫さんは、互いに助け合って寂しさも無く、その分人馴れする時間が掛かります。

譲渡会で面談時に2匹一緒で望まれる方には、人馴れについての注意点を伝えて居りますが、個体差は有っても時間が経てばほとんど解決しております。

 

ナナちゃん2回忌は、特別な事は何もせず、心の中に涙を溜て在り日の動画を見たり画像を見て懐かしみました。

譲渡会に携わっていろいろなお客様と対面して、亡くした猫の面影を慕い同形の猫を求める気持ちが判ります。然し、姿や形は似ていても、実は全く違う猫で疑似体感で癒されるのです。

代わりの猫を飼って、偽装体感でも仮想体感ではないので徐々に日陰の根雪の様に溶けて行き代替え猫にも心が移り替えられ愛情移行が出来上がります。

譲渡会の面談は、初めて猫を飼う方や猫にのめり込む程の猫好きさんとの猫談義は楽しい時間です。

猫爺が初めて猫を飼う時、長女猫のミミちゃんを連れてきた保護主さんが夜の8時から10時近くまでねこの飼い方のイロハを丁寧にレクチャーされました。その思いから今は反対に教える立場に立って気を引き締めて応対します。譲渡会では短時間の面接時間に限られるためその後はメールにて遣り取り行って補完させていただいてます。

 

アメフトコーナー

今回のアメフトコーナーは次週のスーパーボウルが待ち遠しくも最終週になるので楽しくも有り寂しくも有るため複雑な心境で、予想もほぼ互角、贔屓も無いため心鎮めて待とうかとの思いから、お休みさせて頂きます。
 

 

| 快談爺 | アメフトとネコ達 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
賀詞交換2葉書編=初仕事

前回のブログは、年賀メールで届いたお話でした。

今回は、年賀葉書編になります。但し画像入りだけに絞りましたので其のところ悪しからずお許し願います。

 

お正月気分も成人の日を過ぎ、ようやく普段着の日常が戻ってきました。

日本列島太平洋側は、麗らかな小春日和も、裏日本の寒波による豪雪は、日常生活に苦労を強いられ大変な思いしているかと推察します。

成人式当日の「はれのひ事件」は、一生に一度の晴れの日を台無しにしたはれのひ会社の破廉恥役職の無責任な振る舞いに怒り心頭です。

 

猫爺からの譲渡猫、写っている年賀状をコラージュ風に整理しました。

皆さんそれぞれ趣向を凝らしたデザインで面白い傑作揃いです。

 

縦書きと横書きで仕分けての賀状集にしました。

写っている猫ちゃん達、それぞれ皆思い出を携えて猫爺に里帰りです。

 

猫爺に、不妊手術証明書に同封されたお年玉頂きました。

猫のご飯だけでなく、疲れを癒す入浴剤も入った気遣いは嬉しいです。

 

 

昨年暮れ、緊急多数頭捕獲の指令が入って正月4日にレンタカー借りて作戦実施しました。

年末年始は、レンタカーも手薄になるため指令受けた時点で予約した車です。

 

4日午後から夕方までに、ターゲットの猫の他予定数超えた頭数捕獲。

ターゲットは4匹で、年末年始の連休時は予定外猫がご飯をくれる人も、お休みするためお腹を空かせた猫が溢れ、捕獲機の寄せ餌の臭いを嗅いでクロスオーバーしてるエリアから入り込むため倍数の猫が捕らえられます。

 

翌5日は捕獲猫のオペ(不妊・去勢手術)で数件の動物病院へ入院配送して、オペ終えた猫を引き取りに行く前の待ち時間を、アンティークで飾られ、古き良き昭和テイスト漂うジャズを聴きながら昭和にトリップ出来るコーヒー店で暫し安らぎました。

深川・冬木町にある江戸深川珈琲本舗と言う珈琲の老舗です。

ターゲットの猫4匹は某猫シェルターに引き渡して、リリース猫達を6日の夜まで養生させ、初仕事も無事リリースして終了。

 

茶虎のQoo君、エリザベスカラーを着けた先住猫と親しげな画像着信。

こんなに馴れた良い猫が、我が家より先に貰われ無かった事が不思議ですとコメント有りました。

実は、Qoo君の右目に小さな白濁点が有ったため敬遠されてました。

 

茶虎の(仮名歩君)マイロ君お正月の里帰り画像です。

マイロ君もよく見ると左目から目脂が出て汚れ、時々拭き取る必要あることをお伝えしても構わず引き取って頂き、本当に有り難い飼い主さんです。

 

独りボッチのお留守番も馴れて、飼い主さんと相思相愛のアル君。

気弱でビビり猫だったアル君、今は飼い主さんにべったりとか。

 

胸に小さな白い班あるキキ君、艶々して眩しい姿です。

先住猫さんには、少々疎まれる程快活な猫でも愛嬌有って笑いが絶えませんとコメント頂きました。

 

今年初のゆめネコ譲渡会に初デビユーしたピンキーちゃんです。

今抱かれている方に里親さん即決されました。今年は春から縁起が良い〜歌舞伎役者みたいに六方踏みたくなる程嬉しかったです。

 

28日のゆめネコ譲渡会にデビューする巨体の女傑猫のドラ美ちゃん

厳つく見えるこの姿も、気は優しく人大好きな見た目違いの良猫です。

2020年東京五輪の為、安住の棲みかを追われる羽目になり早めの手当てで保護しました。

地域の大規模開発や世紀のイベントなどを標榜しての開発で、環境に適合して棲んでいる愛護動物の保護を顧みず行う工事は、如何なものかと強く思います。

 

大きな公園に兄妹らしき黒い猫と2匹で一月ほど前に姿現れたキジ白猫のしずくちゃんです。

黒い猫は、10日程で姿見えなくなって、この猫だけ残り、人馴れしているので捨てられた猫だろうと言ってご飯を上げていた人からの依頼で28日デビューする、ゆめネコ譲渡会猫として引き受けました。

 

アメフトコーナー

プレイオフ戦も、残されたゲームは次週のカンファレンス・チャンピオンシップ戦になります。

 

14日のゆめネコ譲渡終えて、譲渡主までピンキーちゃんお届けの20日まで時間の余裕が生まれ、じっくりアメフト観戦できました。

デビジョナル戦はNHKで全試合放映有って、録画して完全観戦出来るのでスーパーボウルまでの勝上がる熱い戦を堪能中です。

デビジョナルAFC 

   ペイトリオッツ35対14タイタンズ

   タイタンズ先制もペイトリオッツの順当勝ち

     

     ジャガーズ45対42スティーラーズ

   極寒のピッツバーグで行われた接戦ゲームでした。

デビジョナルNFC

     イーグルス15対10ファルコンズ

   ファルコンズQB時間切れ最後のTDパス失敗で敗退。

 

      セインツ24対29バイキングス

   セインツ残り時間24秒残して1点差勝ち、勝ったと思い

   歓びながら控室に帰ったセインツの選手もいました。

   バイキングスQBキーナムからWRへロングパス獲って、

   デフェンスを振り切り61ヤードランTDの大逆転劇は壮絶。

 

22日、 AFCは、ペイトリオッ対ジャガーズ戦が楽しみです。

     NFCは、イーグルス対バイキングス戦は全く互角で

     スーパーボウルへ勝ち上がる戦が盛り上がるでしょう。

 

2017年アメフトレギュラーシーズンの放映がNHKも少なかったと思い。CS放送でもGAORA局が放映止め、日テレG+だけで、満足な観戦できず寂しい思いのシーズンでした。

 

       

          

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 快談爺 | アメフトとネコ達 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
PROFILE
ENTRY
CATEGORY
ARCHIVES
COMMENT
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
LINK
OTHERS